秘密証書遺言とは

秘密証書遺言とは、その内容を秘密にしたまま、遺言の存在だけを公証してもらう遺言のことです。秘密証書遺言の方式については、民法第970条に規定があります。

まず、秘密証書遺言を行うには、遺言者がその証書に署名・押印しなければなりません。この点は、自筆証書遺言と同じです。しかし、以下の点が異なります。

すなわち、遺言者がその証書に封をし、証書に押した印章を使って封印しなくてはなりません。もちろん、これは遺言の内容を秘密にするためです。

その後、遺言者が公証人と証人2名以上の前に封書を提出して、自己の遺言書である旨とその筆者の氏名住所を申述しなければなりません。そして、公証人は、証書を提出した日付と遺言者の申述を封紙に記載し、遺言者や証人とともにこれに署名・押印する必要があります。

では、このような秘密証書遺言のメリットは何でしょう。やはり、遺言書の内容を誰にも知られないようにしつつも、遺言書の存在を明らかにできることでしょう。また、内容が秘密であるため、遺言書が偽造されることもほとんどありません。もっとも、公正証書遺言のように原本を公証役場で保管するわけではないので、遺言書が紛失したり、隠匿されたりする危険性はあります。

コメントを受け付けておりません。