公正証書遺言とは

公正証書遺言とは、文字通り公正証書によってなされた遺言のことをいいます。民法第969条に規定があり、以下のような方式に従わなければなりません。

まず、公正証書遺言である以上、遺言者が遺言の趣旨を公証人に口授する必要があります。また、公証人は口授された内容を筆記し、これを遺言者と証人に読み聞かせ、又は閲覧させなければなりません。ここで、証人は2人以上立ち会わせる必要があります。

次に、遺言者及び証人が、公証人の筆記が正確であることを承認した後、各自この筆記に署名し、押印しなければなりません。ただし、遺言者が署名することができない場合には、公証人がその理由を付記して署名に代えることができます。

そして、最後に公証人が、証書に以上の方式に従って作成したものである旨を付記し、署名・押印する必要があります。

このような公正証書遺言を作成するメリットですが、第一に公証人という専門家が関与するため形式の不備によって遺言が無効になることはないという点が挙げられます。文面も公証人が考えてくれますので、遺言が実行されるときにも手続がスムーズに進められることが期待できます。原本が公証役場に保存されるため、遺言書の紛失や破損、偽造のおそれがないことも大きなメリットです。

コメントを受け付けておりません。