自筆証書遺言とは

自筆証書遺言とは、文字通り自筆で作成された遺言のことをいいます。これは、民法第968条に規定があり、次のような条件をみたさなければなりません。

まず、遺言者がその全文と日付、氏名を自書し、押印する必要があります。したがって、パソコンで作成したものをプリントアウトして使うということはできません。必ず、全部を手書きしなくてはなりません。

次に、遺言の内容などに加除・修正がある場合には、遺言者がその場所を指示し、これを変更した旨を付記して特にこれに署名した上、その変更の場所に押印しなければなりません。

自筆証書遺言は、手書きしなくてはならないという点では手間がかかりますが、上記の要件さえ満たしていれば特に問題はなく、例えばチラシの裏やノートを破ったものに書いてもかまいません。したがって、公証役場に行くなどの手間がかからず、費用もかからないので誰でも気軽に遺言を作成できるというメリットがあります。

しかし、プロである公証人に見てもらうわけではないので、形式面や内容に不備がある恐れも十分にあります。そのような場合には、思ったような効力が発生しなかったり、最悪無効となったりすることがあります。また、遺言を紛失してしまったり、後から別の人に書き直されてしまったりする危険性もあります。

コメントを受け付けておりません。